【隠れ名作】雨風に強い最強テント!Husky Fighter

Uncategorized

今日は私たちが持っているテントの中で

雨風に強く暴風や大雨、雪山でも立てられる最強テントをご紹介します。

その名もHusky Fighterです。👏👏


Husky(ハスキー)とは?

Husky(ハスキー)は1997年にチェコのプラハに設立したアウトドアメーカーです。品質の良さが認められ、ヨーロッパの国々の軍隊でハスキーの寝袋、テントなどが使用されています。ヨーロッパのキャンパーに愛されているブランドです。

Husky Fighterの特徴6つ

風に強い

風の抵抗力が強いドーム型の作りと、ポールの4本構成で頑丈です。ポールはアルミ合金の中でも頑丈なジュラルミン製で、航空機材などにも使われる強度の素材なんです。

またガイロープ4か所、8枚付いているスカートの両端にそれぞれペグを打ち込める構造になっており、地に張り付くような作りになっています。

雨や雪に強い

フライシートは耐水圧7000㎜、フロアシートは耐水圧10000㎜の脅威の耐水性を誇っています。

これだけの耐水性があれば大雨でも安心ですし、雪山でも大丈夫です。またスカートが付いているので、外からの雨の侵入を防ぎます。私たちも大雨で使用していますが、安心して使用できます。

吊り下げ式

ハスキーテントは吊り下げ式のテントなので、フライシートを設置した後にインナーテントを中から吊り下げる仕組みになっています。この仕組みだと、雨の日の設置も、中のインナーテントを濡らさずに設置できて嬉しいですよね♪♪

また、インナーテントを外してタープとして使用することもできます。インナーテントが無い分、中の面積が広くなります。ソロキャンプだと、石油ストーブを入れても十分な広さです!

換気しやすい

天井部2か所にベンチレーションがついており、中からも開閉できる仕組みになっています。またインナーテントの上半分はメッシュになっており、前後の入口もメッシュになっているので、通気性の良い作りになっています。

冬でも温かい

スカートが付いているので、外からの冷気をシャットアウトしてくれ、冬でも温かいです。

設営が簡単

4本のポールには、どこを通すか分かりやすいようにポールの色とスリーブの色が2本ずつ同じ色になっており、初心者でも簡単に立てられるようになっています。

またポールはジュラルミン製なので通す時もスルスルと通りやすいです!

初心者でも20分、慣れてくると10分ほどで設営できます。

設置の細かい仕方に関しては別記事かYouTube動画をご覧ください。

【最強テント⁉】地面にガッチリ張り付くテント「Husky Fighterテント」をレビュー☆台風の日にキャンプしたい方はぜひ♪

ハスキーファイターのメリット

かっこいい!

とにかくかっこいい!これに尽きます。

デザインがまずめちゃめちゃかっこいいですよね!見た目はどことなくあのヒルバーグの

テントが感じられる風貌です。

色はレッドとグリーンの2カラーが展開されていますが、私たちは自然に溶け込めそうな

グリーンをチョイスしました。

人と被らない

このテントはハイデザインおしゃれなのに人と被らないんです。

キャンプサイトではかっこよさと珍しさで他のキャンパーの注目を浴びること間違いなしです!

安い

このデザインと機能性を兼ね揃えての、この値段はお買い得です!!

とにかく丈夫

特徴のところでも述べましたが、雨と風にめちゃめちゃ強くて安心して過ごせます。

フロアシートの耐水圧が10000㎜あるので雪山でも過ごせます。

ハスキーファイターのデメリット

前室入口までの距離が遠いので、寝室から外に出るときにチャックを開けるのに

一苦労するということです。

まとめ

まとめますと、これだけかっこよくて機能性もありながら

コスパも良く、人とあまり被らないのでおススメします!!!✨

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

YouTubeの方でもこのハスキーファイターテントのレビュー&組み立て方

などお伝えしているのでよかったらご覧ください♪♪

【最強テント⁉】地面にガッチリ張り付くテント「Husky Fighterテント」をレビュー☆台風の日にキャンプしたい方はぜひ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました